歯の黄ばみ 落とす 歯磨き粉

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉のランキングです。

このサイトでは、ホワイトニング(歯を白くする)に関して
効果がありコストパフォーマンスの良い歯磨き粉を紹介します。

 

 

最近は歯が黄ばんできた・・何て人も多いでしょう。
でも審美歯科に通うのは
・お金がかかりすぎる
・歯医者に通う時間が取れない
などの理由で敬遠されているのでは?
毎日の歯磨きで ホワイトニング(歯を白く)出来るなら嬉しいのだが??

 

確かに、歯医者に通わなくてもホワイトニングが出来る歯磨き粉もあります。
でも、どれが良いの?どうやって決めれば良いの?
参考にしてもらえば最高です。

 

 

歯磨き粉で歯が白くなるの?

 

 

 

歯が黄ばんでくる理由って大体2つに分類されるのです。

 

@先天的 又は 加齢とともに歯が黄ばむ場合。

 

 生まれた時から歯の内部(象牙質と呼びます)に異常がある場合や
 歯の神経を抜いたとかが原因の場合

 

A日常生活が原因

 

 コーヒーや紅茶又はカレーなどが好きな場合
 ヘビースモーカーでタバコのヤニが原因

 

の2つです。 @の場合はは審美歯科で治療してもらうしか治りません。
でもAの場合なら?
簡単に説明すると、歯に付着した異物を除去すれば、又白い歯に生まれ変わります。
大部分の人はAが原因なんです。
これなら、ホワイトニング用n歯磨き粉で毎日歯磨きをすれば、歯の黄ばみを落とすことができます。

薬用ちゅらトゥースホワイトニング
9875

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉の第1位 ちゅらトゥースホワイトニングの特徴は?
・研磨剤を使っていません。
・医薬部外品
・ボリアスパラギン酸配合:黄ばみやステインを除去します。
・ビタミンCやリンゴ酸を配合:歯についた汚れを落とします
・GTO配合:虫歯の危険を軽減
・54万人の満足調査で堂々1位を獲得
・1日2回 普段と同じように磨くだけ

価格 特典 評価
5980円

初回限定3980円
ワンタフトブラシ1本プレゼント

歯の黄ばみ,落とす,歯磨き粉,ホワイトニング

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉の第1位 ちゅらトゥースホワイトニングの総評

 

研磨剤を使っていないので歯を傷つけてしまう恐れが低い。
毎日の歯磨きに使う歯磨き粉を変えるだけなので続けられそう。
大体、1〜3か月で結果が表れる。

 

オーラパール(OrePearl)
9645

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉の第2位オーラパールの特徴は?
製薬会社が8年の歳月をかけて開発
・ 歯の黄ばみだけでなく、口臭や歯周病にも効果がある
・ 歯周病予防成分と美白成分を同時配合
・ 医薬部外品
・ 通信販売でしか買えません。(お店では買えません)
・ 毎日の歯磨きをオーラパールに変更するだけ。

価格 特典 評価
2160円

(初回限定)1944円(10%オフ)送料無料(1か月分)
イオン歯ブラシのおまけつき

歯の黄ばみ,落とす,歯磨き粉,ホワイトニング

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉の第2位 オーラパールの総評

 

ホワイトニングだけでなく、口臭対策や歯周病にも効果がある。
特に、朝起きた時の歯のねばねば感がなくなる・・との評判があるようです。
金額だけならかなり安いと思います。

 

プレミアムブラントゥース
10075

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉の第3位 プレミアムブラントゥースの特徴は?
・世界5か国で売上第1位で世界中のセレブも愛用しています。
・オーガニック成分で、歯の黄ばみだけでなく口臭やねばつきにも効果あり
・毎日の歯磨きをプレミアムブラントゥースに変えるだけ
・研磨剤不使用
・医薬部外品ではなく化粧品に分類されます。
・電動歯ブラシでも使えます
・妊娠中の女性でもOK
・およそ1か月で効果が表れる場合も

価格 特典 評価
9980円 送料は650円

定期購入で契約すれば 6000円割引
現在品薄状態

歯の黄ばみ,落とす,歯磨き粉,ホワイトニング

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉の第3位 プレミアムブラントゥースの総評

 

ココナッツオイルなど、植物成分をふんだんに使っていて評判は良いようです。
見た目は歯磨き粉には見えないのも人気です。
一方、医薬部外品で無く化粧品であることを売りにしています。
化粧品なら全成分を公表しないといけないので、安全という事です。
唯、値段が高すぎるような気がします。

私の一番のお勧めは ちゅらトゥースホワイトニング

 

ホワイトニング用の歯磨き粉は、研磨剤を使っていないことが重要なんです。
研磨剤を使っていると比較的早く歯の黄ばみを落とすことができます。当然ですね。
歯の表面を削っている訳ですから。
でも、同時に歯の表面に無数の傷をつけてしまい、そこから細菌なんかが入ってしまいます。
歯の本体(象牙質)に悪影響を与えてしまうのです。

 

又、医薬部外品なのもお勧めの理由。国が認めているので安心です。
値段も手ごろでしょう。オーラパールも安いのですが研磨剤の件がありますから。

 

やっぱり雑誌なんかに多く取り上げられてもいるので『ちゅらトゥースホワイトニング』が
一押しです。

 

 

9877

歯を白さを保つためには日常生活でそうすれば良いのでしょうか?

 

ホワイトニング用歯磨き粉で歯を磨いていると、歯の汚れが取れて
白い歯が蘇ります。しかし、白い歯を維持する為には 毎日一生懸命
歯を磨く事の他にも注意する事があります。

 

1.着色しやすい飲食物に注意します。

 

日常生活で一番気を付ける必要のあるのは、毎日のケアです。
ホワイトニングジェルで歯磨きをすることの他は、着色性の高い
飲食物の摂取です。(コーヒー、紅茶、カレー、赤ワインなど)
勿論食べるな・・訳でなく、歯磨きでしっかり汚れを落としましょう。

 

又、コーラなどの炭酸飲料や酸性の食品も着色しやすい環境になってしまいます、
過剰な摂取には注意しましょう。

 

2.歯間掃除や口腔乾燥

 

歯間部の着色を防止するにはフロスが必要不可欠です。
歯の表面がキレイな状態でも歯間部にはステインが付着していると、実は歯の
印象も変わってしまうのです。
歯間部のステインにはフロスを使用する事で予防効果も高まります。
又、必要に応じてタフトブラシや歯間ブラシ、スーパーブロスなどを使用すれば
ステイン(汚れ)だけでなくブラークや歯石の沈着予防にも効果的です。

 

又、口腔内が乾燥していると着色しやすいような環境を作る原因にもなります。
つまり、口から呼吸する傾向のある人は鼻から呼吸できれば口腔内の乾燥は
歯の着色の原因です。

 

フロス(デンタルフロス)とは、
歯間の汚物や歯垢しこうを除去するために用いる、ナイロンなどの加工糸。の事です。
歯間ブラシと言った方が解りやすいかもしれません。

 

 

3.うがい薬や洗口液にも注意

 

洗口液を使う人も増えてきています。
又、うがい液に含まれるポピドンヨードやグルコン酸クロロヘキシジンは着色しやすいので
歯を白くしたい方には要注意です。

 

 

重曹やクエン酸でホワイトニングって出来るのでしょうか?

 

重曹やクエン酸って用途がいろいろあります。
お風呂場や台所などの汚れを落とすのに効果があるのは
良く知られています。
この為、歯を白くするにも応用できるのでは? と考える人もいるようです。
確かに、重曹には研磨作用がありますし、クエン酸には脱灰作用があります。
この為、歯を白くすることは可能なんです。
しかし、それ以上に恐ろしい副作用があります。
それは、歯にダメージを与えてしまう事です。
つまり、画の表面が傷だらけになってしまう事です。
まずは、今まで以上にプラークやステインが付着しやすくなってしまい
余計黄ばんで見える様になってしまいます。
又、一様に白くなるわけでなく、縞模様に白くなることもあります。
それ以上に知覚過敏になる事が怖いのです。
自宅で歯を白くするのは、ホワイトニングジェルを使う事が一番確実です。